40代からのセカンドキャリアとは?

40代で独立・起業したないこうさんです。

40代から新しい一歩を踏み出しセカンドキャリアを考えている人は多くなってきている気がします。

ただ、「考える」と「実行する」とは次元が全く異なるものです。

僕はサラリーマン時代を過ごしてきて、40代になり、【自分で考え、決意し、実行する】というプロセスの大切さを身にしみて感じるようになりました。

そこには何が必要なのかを自分なりにまとめてみます。

40代のセカンドキャリアとは?

サラリーマンをずっとやってきて40代になってくると、大きく3つの人種に分かれてくると感じています。

  • 人種1: 今のキャリアにますます磨きがかかり、もっと出世しようと熱くなっている人
  • 人種2: 会社の理不尽さを痛感したり、上司や仕事に不満が出てきて「もうこの会社・・」と感じている人
  • 人種3: 何も考えず与えられた仕事をして給料もらえているからありがたいと思っている人

細分化したら、もっといろいろな人種が出てきそうですが(笑)、大体この3パターンの人種にカテゴライズできてしまいます。

ここで強調したいのは、人種2の人が「辞めて転職」とか「独立する」と考える人が大半だと思いますが、結局、なにもしない人が多いということです。

考えるだけの人と実行する人に差が出る

それは、40代になってくると、

本当に良い転職できるのだろうか、、、

お金がなくなってしまったら家族を食わしていけない、、

などの❝不安要素❞ ばかりが頭の中を駆け巡ってしまい、❝現状維持❞ モードから切り替えることができないですよね。

また、少し話がずれますが、友人や仕事仲間と新しいビジネスの話をして盛り上がり、あとになって自分が考えていたビジネスが実際にやられてしまったという話を聞いたことがあります。

でも、それも悪いのは自分なんです。
それだけ「考える」ことと「実行する」ということは雲泥の差です。
ところが世の中で「実行」までできる人は本当に限られているなと実感します。

実は、だからこそ、マイノリティであるセカンドキャリアを自分で作り出せる人にこそ価値とチャンスが生まれるんでしょう。

新たなセカンドキャリアを妄想したり、夢見たり、考えるだけでは何の意味もなく、実行することまでできない人では意味がないんですよね。

 

40代のセカンドキャリアを設計から実行までできる人になる

ぼくは、セカンドキャリアというのは、新しいキャリアを自分で設計し、選択し、実行することだと思っています。
特に40代というのは「どこまで自分を持っているか」という心がとても大事です。

実際、僕は30代前半くらいまではがむしゃらに仕事してましたが、30代後半になると

「会社のためにがむしゃらに仕事をせず、会社で自分のキャリアをどのように積んでいけるのかの仕事をしよう」

というマインドに変わりました。

会社を嫌で辞めるのと会社を利用してから辞める違い

本当は会社の理不尽さを感じることが多くなってきたので、40に入る前に転職しようかなと思ったときもあったのですが、

「最後は会社の力を最大限使って自分のキャリアを積むようにしよう」

というマインドセットで会社でベトナムで事業を興して会社で起業経験ができました。

その結果として、自分なりに納得して会社を辞めてセカンドキャリアを設計しはじめました。

仮に「もうこんな会社嫌だから辞めてやる!」と辞表を突きつけて辞めたとして、それは会社が理由で辞めているのであって、自分が理由で辞めてないので設計ミスになってしまいます。

ぼくは自分なりに40代のセカンドキャリアをどうスタートさせるかの設計を自分なりにして実行に移したわけです。

ここまでそれなりの事を言ってますが、正直、周りにいっぱい優秀な人やすごい人達を見てきているので、実際に自分がどうなるのか全く分からないですが、、笑

 

40代からのチャレンジはかなりアドバンテージがある!

40代からのセカンドキャリアでいちばん大事なのは、いままで社会に出て経験したことを新たなキャリアに活かすことに価値があります。

当然ながら20代や30代よりも経験や知識、社交性などが全然違いますので、セカンドキャリアをどう設計するかで大きなアドバンテージになるのは間違いないです。

ただ、40代になって心の成長が乏しいまま人生を流されて生きてきて、自分の心が強く定まっていない人は、新しいキャリア作りは止めたほうがいいでしょう。

私の経験では、とにかく諦めない強い精神力を持って強い意志で動ける人、そして何より「命を取られるわけではない、なんとかなる!」という楽観性がないと、自分に負けてしまうと思います。

これからの時代は、経験豊富な40代からのセカンドキャリアは大きなチャンスがありますから、どのようにキャリア設計して、「実行」に移せるかが人生の大きな分かれ目になるでしょう。