【40代からのやり直し英語】独学でどこまで伸びる?3つのコツを伝授

英語をやり直したいが、独学でできるのか?

40代だと記憶力も悪くなって難しいのではないか?

などと40代になるとついつい英語の勉強も自信がない人が多いかも知れませんね。

 

本記事の内容

・40代でも問題なく独学で英語力をアップすることは可能

・3つのコツが分かれば年令に関係なく英語力は伸びる

・独学のやり方を間違えると全く上達しない

 

この記事を書いている僕自身は、独学でTOEIC850点台まで取り、いまでは海外での仕事で英語を使えるまでになりました。

正直、僕はめちゃくちゃ英語の勉強が苦手でしたが、今回紹介するポイントさえ押さえていけば、40代でも英語を独学で伸ばすことはできます。

それでは解説していきます。

 

40代からのやり直し英語で独学はどこまで伸びる?

そもそも40代だと記憶力悪いから今から英語始めるのは厳しいと思っていませんか?

40代でも英語学習について正しい考え方と独学法でやっていけば必ず伸びます。

でも、40代のマイナスイメージを持ったまま英語の勉強を始めようと思っているなら、まず3つのコツを理解してください。

英語学習をするのに必要な3つのコツを押さえよう

まず英語の独学で大事なことは、3つの原則を知ることです。

科学的に「感情×回数×意志」という3原則を頭に叩き込むと学習定着率が高くなると言われています。

「感情」・・心が脳と繋がると人は記憶していきます。楽しいことは感情となり脳に刻まれます

「回数」・・基本的に脳に覚えさせるには何度か同じことを繰り返する脳に刻まれます

「意志」・・実はこれが一番大事で、かつ最も難しいのです。諦めない、続ける強い意志がないと脳には残っていかないのです

この3つを掛け合わすことができると、40代でもかなり英語力は伸びるのです。

 

40代でも伸びる英語の独学方法を教えます

3原則を実行するのは、良いツールがないと絶対に続けることができません。

僕は、どうして学習が続かないかを自分で分析した結果、この3原則に基づいた効果的で効率性のある黄金のトライアングル独学法を見つけ出しました。

それを続けていくことで、実際にかなり英語力があがりました

いまではある程度のお金を出せば、プログラムツールを買うことができ、より効果的なスピードで上達が可能になっています。

黄金のトライアングルについて詳しくはこちら↓の記事で詳しく解説しています。

身近な英語ツールが武器になる!

僕自身はさらに身近にあるツールを活用して3原則と黄金のトライアングルを実践して効果を上げましたので、その方法を教えます!

 

まず、なるべく日常の生活を取り上げている自分が大好きな外国ドラマや映画を選びます。

理想はAmazonプライムとかNetflix、Huluあたりの新旧の外国作品がたくさん入っているサービスがあるとベターです。

作品を選んだら

・最初に日本語吹替版を見て全体のストーリーや各キャラクターが何を言っているのか把握する

・その後に最低1回~2回英語版を『聞く』 

 

英語版は画面を見なくても1回目の吹替版で何となくセリフも脳に刻まれているでしょうから、音声でそのシーンを思い出しながら、スマホをイヤホンで繋いで英語で何を言っているのかだけを集中して聞くだけの方が良いです。

 

効果的学習法と楽しみの掛け合わせ

実は間違った映画やドラマさえ選ばなければ、ほとんどのセリフは簡単な英語を使っていることが多く、何度も繰り返し聞いているうちに耳が慣れてくるようになります

黄金のトライアングル法でも説明していますが、初級者レベルの人は、まずリスニングから始めないと全然前に進めず挫折します

挫折する大きな要因は「やっているうちにつまらなくなる」ことなので、自分が好きで何度観ても(聞いても)飽きない作品を選ぶことが重要です。

 

僕は実際、この方法で映画(日常ストーリー系)、ドラマ(Friends、90210みたいな作品)、子供が見るドラマ(フルハウスみたいな作品)をいくつも繰り返し繰り返し聞いていくうちに生きた英語のリスニング感覚が養われました。

このリスニング力が身につくと一気に英会力は伸びていきます。

 

40代からの英語の伸びる独学法のまとめ

「感情×回数×意志」の3原則掛け合わせが定着すれば40代でも必ず伸びる
●  初心者に陥りがちな間違った勉強法だと全く伸びないので、黄金のトライアングル法が最も効率的で効果的な方法である
●  身近な映像サービスツールを使えば、自分の好きな外国作品を使って3原則の定着とリスニング力を伸ばすことが可能になる

この基礎的な英語の独学法さえ身につければ、きっと40代の自分の英語力の伸びに驚くでしょう。

『黄金のトライアングル独学法』については↓の記事に詳しく書いてあるのであわせて読んでみてください。