ネガティブ思考は克服できるのか?思考が人生の全てを決める事実

40代で独立・起業したポジティブ思考のないこうさんです。

40年以上も生きているとたくさんの人に会いますが、面白いくらい人間にはポジティブ派とネガティブ派に分かれていると感じます。

僕は何でもポジティブに考えてしまうので、ネガティブの人から見ると「考え方が楽観的すぎてありえない」と思っています。

一方で僕のようなポジティブの人がネガティブの人をみると「どうして何でも悲観的にマイナスなことばかり考えるのか理解できない」となるわけです。

世の中はなんでもバランスをとる仕組みになっているので、2つの±思考があって社会が成立しているという事実があります。

では、多くのネガティブの人を見てきて、ネガティブ思考はどうすれば克服することができるかをまとめてみました。

今回のポイント

✔ ネガティブ思考でもポジティブ思考でも「思考」は自分の力で変えられる

✔ ネガティブな人は「思考」の本質を理解しないと、ずっとネガティブのまま人生を終える

✔ ネガティブ思考とポジティブ思考では人生の結果に大きな差がでる

 

ネガティブ思考は克服できるのか?

結論から言うと、ネガティブは克服できますが、僕が知っている限りではネガティブ思考が完全にポジティブ思考へ180度変わるのは難しいと思っている人が多いです。

でも、それは180度ポジティブな人に転換しようとするからなんですよね。

ネガティブ思考の人でも、良いところや自分らしさというのがあるし、そんな自分も大切な個性です。

まず、その個性を認めて付き合っていく姿勢を持つことからはじめることが大事だと思います。

 

ネガティブ思考も個性

例えばネガティブ思考な人は引っ込み思案の人が多いです。

また、失敗やミスを恐れて慎重な人、自分の力量を過小評価する人が多いです。

実はこうした要素はプラスにとれる部分がいっぱいあるんですよね。

僕みたいに何でもプラスにとらえて突き進もうとする人に対して、ネガティブ思考の人がミスや失敗の恐れを慎重に考えてくれることで冷静に物事を見つめるきっかけにもなるんです。

ネガティブ思考は全部ダメ、悪、良いことなし、という考え自体をまず捨ててみましょう。

 

ネガティブな人の本質的な思考

失礼かもしれませんが、ネガティブ思考の人には自意識過剰な人が多いと感じます。

ネガティブ思考の人は

「自分が他人からどのように思われているか」

「こんなこと言ったら嫌われてしまうのではないか」

ということばかりを気にして生きています。

ここで、はっきり断言しますが、

あなたが思っているほど、誰もあなたのことを気にしても、見てもいません

ネガティブな人の多くの思考の原因の元はそこにあるんだと思います。

 

失敗やミスをすると誰かに迷惑がかかるとか、失敗したら自分が否定的にみられてしまうとか、嫌われるのが怖い、とか潜在的に自分の存在がとても他人に影響を与えていると思ってますね。

その結果、誰もそこまで考えていないマイナス面が勝手にクローズアップされ、全てそのネガティブな思考へと導いているのだと感じます。

でも悲しいくらい人はあなたのこと見てません。

 

日本という閉鎖的な文化がネガティブ思考を増長させる

ネガティブ思考の人が海外に行くと見違えるように素を出してポジティブになる人をたくさん見てきました。

僕は海外での生活経験があるのでよく分かるのですが、海外に行くと “自分がいかに誰にも見られていないか、自分の言動など誰も気にしていないか” を痛感します。

アメリカに住んでいた時は、多民族国家、自由主義国家だけに、笑えるくらい誰も自分のことを気にしないので気楽な気持ちになったのを覚えています。

逆に単一民族国家、村社会である日本は周りの目ばかりを気にし、他の人とちょっと違う言動があると異端児扱いにされてしまいます。

そういった日本独特の文化がネガティブ思考にさせている一面もあります。

ネガティブ思考の人は一度短期でも海外で生活することをお勧めします。

 

「思考は現実化する」という事実から変えるべき人生とは

僕はナポレオン・ヒル氏の著書「思考は現実化する」を人生のバイブルとしています。

僕の人生の考え方そのものでここまで生きてきたので、大変、自分の力となっています。

というのは、題名の通り人間というのは、自分が思考したとおりに実現する という人生の原理原則があるからです。

世の中では「引き寄せの法則」「宇宙の法則」といわれてもいます。

自分の人生に強烈で明確な目標を持って「自分はこうなるんだ」という強い思いを持って行動ことで、必ずその通り実現するのです。

嘘っぽく感じる人が大半だと思いますが、本当なのです。

人生そんなわけない、ありえないと思って明確な目標も持たずにいる人が大多数だから夢が実現できないんです。

 

ネガティブ思考も実現化してしまうという事実

僕は物事をポジティブにとらえ前向きな目標を持って行動することで「思考は現実化する」道を歩んでいます。

もし物事をネガティブにとらえ「自分は成功しない」「自分はうまく行かない」という思考を植え付けていってしまうと、必ずその方向に実現化していまします。

それだけ心と頭(思考)が現実化に結びついてしまうので、まず一つだけでいいので “本当だったらこうなりたい” と思うポジティブで強烈で明確な目標を持ってみてください。

それが一つ実現した時にポジティブになった自分が発見できると思います。

一度きりの人生ですから、どうせならポジティブな思考を現実化させて行ったほうが良いですよね!

 

ネガティブ思考の人にお勧めしたい2冊の本


ベストセラーになったアドラー心理学の『嫌われる勇気』は、そんな人にとって心理的に自分の言動の考え方の違いについて気づかせてくれるでしょう。

前述に紹介した『思考は現実化する』は、特にネガティブ思考の人に是非読んでほしい本です。

人生を前向きに生きること、思考することで、それが実現していく方法を教えてくれます。

僕がこの生き方をしているので、生き証人です 笑