起業が不安な人。バカらしいほど簡単に不安が消える方法はコレです!

40代で独立・起業したないこうさんです。

僕はサラリーマンをやって40代で起業しました。

起業が不安でどうしようと思い悩んだり、ビビってしまっている人も多いと思います。

ぼくも起業を決めた時に一瞬今までにない ”心がざわめく” 感覚があったのを覚えています。

そこで、今回は起業して不安な感情を抱いたことがバカバカしくなるほど不安が消えてしまう超簡単な方法をお伝えします。

 

起業して不安が消える方法は簡単です!

日本では特に起業文化がないので、「起業」は何かとても大きなリスクをとってやる人生一大チャレンジのような変な幻想を持っている方が多いですね 笑

では僕のように40代で根拠なく起業がリスクといわれることが「アホらしい戯言」と思えてしまうようになったのはなぜか。

起業が不安と思うことがバカバカしいほどに消えてしまう方法をお伝えします。

 

起業の不安を解消する方法はただ一つ!

それは「とにかく始めて動くこと」です。えっ?と思うかもしれませんが、これに尽きます。

僕は実体験からもはっきり断言できますが、不安というのは「この先に何が起こるかわからない」という超漠然とした何も見えないものが原因なんですよね。

だからその不安を消すのは、行動して先が見えるようにしてしまうことなのです。

例えばサラリーマンのときに初めて大きな商談をするとか、大事なプレゼンをするとか、緊張する場面は少なからず不安になりますよね。

ところがいざ始めてしまうと不安って無くなってませんか?

それよりも ”ここはこうした方が良かったな” とか ”次はここを変えよう” とか 実態とその先がはっきりと見えてきますね。

それと全く同じで、起業も新しいこと初めてのことにチャレンジするから先が見えずに不安になるんです。

でも起業すると決めたから不安になっているわけですから、さっさと始めてしまえば良いのです。

 

それでも起業の不安要素が消えない人は起業しないほうが良い

普通なら起業を選んでわざわざ不安になる人はいないわけですから、すでに不安を抱いている人はきっと起業の覚悟はできているはずですね。

それで不安になるのを消すにはあとはとにかく動くのみです。

行動すると自分が不安でビビってたことがアホらしく思えてきます。

「稼げなかったらどうしよう」とか「失敗したらどうなるんだろう」とか、そういう漠然とした不安や考えは無駄です。

だって、絶対に答えが出ないわけですから。だったら思い切って始めてしまえば良いのです。

それでも不安で第一歩が踏み出せない人は起業をやめたほうが良いと思います。

起業すると予期せぬ事態や問題など当たり前で襲いかかってくるので、それに打ち勝って前に進む強い気持ちがないとどっちにしても成功しません。

いつまでも不安で行動が起こせない人は、きっと起業した後もビビってしまい前を向けないでしょう。

 

究極の起業行動につなげる不安解消のマインド術

ここで最後に"行動する勇気”につながる言葉をお伝えします。

それは「人は思考したことは必ず実現できる」ということです。

人の脳というのは、人間が実現できないことまでは思考できないようにできているというお話を聞きました。

確かにそうだなと思います。

例えば、その昔、空を飛ぶなんて実現不可能だと思われていた中、リンドバーグは飛行機を飛ばしましたね。

いまではマンガの世界でしかなかった空飛ぶ車も現実となりそうです。

自動運転も夢のような話でしたが現実となりそうです。

大なり小なり人が考えることは本気になれば大抵実現できるのです。

自分がやってみたいと思って起業をするなら、自分が本気であれば必ず実現できます。

なので、不安など抱いている暇があるならさっさと実現に向けて動いたほうがよいのです。

不安というのは常に付きまとう人間の大敵であり、やっつけるのは考えるのではなく行動することのみです。

さあ、まだ起業が不安ですか?とにかく行動あるのみです!