【40代の脱サラ】飲食店で失敗しない唯一の方法

40代で一念発起し、脱サラして夢だったカフェやラーメン屋をオープンしたいと思っている人も少なくはないでしょう。

しかし現実はどれだけ美味しいラーメンを出していても、美味しいコーヒーを煎るカフェでもたくさんのお店が潰れています。

その理由として飲食店を営む多くの人は残念ながら本当のマーケティングを勉強して理解している人が圧倒的にいないからです。

そして自分の店の味ならお客さんは口コミでどんどん来てくれるとか、近くの競合の味と比較しても「これならウチは勝てる」という自分本位の根拠のない自信でお店を始めて潰してしまう人が多いのです。

そこで、今回は脱サラして個人で飲食店を初める人には絶対理解しておくべき「小さな事業者(弱者)の勝ち方」をまとめてみました。

 

飲食店で失敗しない唯一の方法

「ランチェスター戦略」は知っていますか?

もし独立して飲食店をやろうとしていて「ランチェスター戦略」を知らないでオープンするつもりなら失敗する確率が高くなるでしょう。

改めて強調しますが、自分の店の味は美味しいのは大前提です。

それでも失敗してしまうのは味云々ではなく、売り方・マーケティングを理解していないからなのです。

僕がよく行く街には飲食店がかなりの数あり、競合ひしめいています。

そんな街に新たに定食屋がオープンしたのですが、暫くすると閉店となっていました。

そこは値段もそこそこリーズナブルで味もそこそこ美味しい店だったのです。それでも潰れてしまうのはなぜか?

ランチェスター戦略というのは「弱者の戦略」と言われており、まず自分が圧倒的な弱者の立場で戦場で戦っていることを理解する必要があるのです。

 

ランチェスター戦略から学ぶ「弱者が勝てる飲食店戦略」

今回は僕自信も大変参考になった実践に使える本『小さな会社 儲けのルール』を参考に「弱者でも勝てる飲食店戦略」のポイントをあげます。

どこかの分野で圧倒的な1番を作り上げる

 

まず自分の飲食店における圧倒的1番となれるところを作れているかが重要です。

「一番美味しい味」というのは、人の好みは十人十色ですし行列ができるようなお店の味というのも抽象的すぎる定義ですので、より具体的な一番が必要です。

とにかく特定の小さな市場の中で何かで一番になるものを(絶対に負けないもの)を作っているか、ということです。

例えば、「子連れのお母さんだけを100%支持されている」 とか 「都心に行けばあるがこの街にはここで食べられない占有率No1の食材がある」 とか【What】【Where】【How】 の何かで圧倒的なNo.1になることが経営が安定して成功する最短の道と言われているのです。

特によく言われるのが、他社でやりたいと思わない、大手などでは真似したがらないやり方や作り方、食材、などがポイントになってくるでしょう。

飲食店ではないですが、例えば小さな街に旅行代理店をオープンしたら障害者のお客さんだけに特化した旅行会社として市場に認知されて人気になる、というような実例ですね。

 

【商品3:7売り】の法則

この法則を無視している飲食店が圧倒的に多いので潰れてしまうので、絶対インプットしておくべき点です。

要は、商品(味)の善し悪しよりも「どこで」「だれに」「どうやって」売っていくかのエリア、客層、カスタマー戦略の方が大事という教えです。

僕が冒頭で紹介した街にたくさん飲食店がある中でそこそこ美味しい定食屋がオープンしたが、すぐに潰れてしまったのにはここがポイントなのです。

その店は売り7ではなく売り3 味7で設定して店をオープンしてしまったのです。

お客が多ければ当然敵も多く、ランチェスター戦略で見ると勝つ確率が一気に下がってしまう戦場なのです。

そこそこ味は良くて美味しい定食屋ならサラリーマンや学生の都市人口ターゲットではない、田舎のエリアに出店して圧倒的なNo.1を目指すほうが勝率が一気に上がってきます。

 

集客の仕方に全く力を入れない店が多すぎる

そして最後にこの著書では紹介されていませんが、SNSマーケティングに触れておきます。

現代のマーケティングにSNSは欠かせないのですが、本当の意味で力を入れていない店が多いのです。

店の周りでチラシを配布したり、お金をかけて広告に出しているオーソドックスなやり方に依存してしまっているんです。

普通にHP紹介やインスタに写真をあげたり誰もがやっている基本的なデジタルPR手法はやっているかもしれませんが、SNSの効果的活用法を本質的にやっている店が少ないのです。

そのため、フォロワー数も伸びないし、HP訪問者数も伸びない、結局は来店するお客さんの口コミに頼るしかなくなり、主体的なマーケティングができずに終わるのです。

僕個人としてはインスタマーケティングで注目を浴びている竹花貴騎氏のLIM社マーケティング戦略を勉強して活用することをお勧めします。

集客に悩む個人店におばあちゃんでも分かるマーケティング方法を伝授してくれる非常に優秀な会社です。

 

せっかく脱サラして夢を持ってお店を持つなら少しでも勝率を上げる戦略を持って経営したくありませんか?

是非とも今回紹介した本やLIM社のノウハウを活用して自分なりのNo.1を作ってみて下さい。