40代で転職に失敗する人はすぐ分かる。転職をやめるべき人

僕は40代までサラリーマンをやり、その後、独立・起業した経験から同年代で働く色々なパターンの人に会ってきました。

そうした人たちと多く接してきたので、どのような40代が転職して失敗するか、なぜ転職先で「使えない人材」としてレッテルを貼られるかがよく分かります。

大体、転職する際に「今の会社で働くのが嫌だから」「会社の給料では安すぎるから」という理由で転職する40代は多いですよね。

そして、そのような考えで転職するタイプの多くは失敗しています。

今回は、40代で転職をやめるべき人材とはどんな人なのかをまとめてみました。

 

40代で転職に失敗する人はすぐ分かる。転職をやめるべき人

僕は、これまで従業員側(雇われる側)と経営者側(雇う側)の両方を経験してきたので、なぜ会社が採るほとんどの40代転職者が「結果として使えない人材だった」になるか分かります。

まず主体性がない40代の転職者は単に「経験・知識があります」という部分だけを強調し、人間性や他人への影響力を伝えられる人は少ないですね。

もちろん経験や知識が豊富なら採用の可能性がある訳ですが、それだけの人は実際に転職した後は上手く行かなくなるケースが多いのです。

 

40代が求められるのは知識・経験以上に『主体性と人格』

会社が中途採用時にどうしても把握できないのが、その人の主体性だったり人格です。

本来はその2つを採用基準の高い位置に置かなくてはならないのですが、会社は前職の経験値や知識レベルだけで即戦力として採用してしまう傾向となるのです。

ところが、多くの転職者は主体的に自分の人生を歩んでおらず「現状よりよい所を探していたらこの会社を紹介された」くらい受動的で会社選びをします。

このように現実逃避で転職する40代が次の会社で使える人材になることは ”ほぼない” と言って良いでしょう。

自分の人生を主体的に生きていない40代は人としての厚みがなく人格のない人材が多いので、転職先の職場メンバーから尊敬されたり、信頼されたり、親しまれることがなく厳しい立場になっていきます。

有名な心理学者のアドラーも「人間が直面するすべての問題は人間関係から起こる」と言うように、社会に出ている以上、そこは避けては通れないのです。

仕事は必ず誰かを巻き込んでやるものですから、40代は経験や知識以外に ”人として” 期待される部分が多くなってくるのです。

 

自分の人生を主体的に生きていない40代は転職をやめるべき

主体性のない人生のまま単に条件が良いところだけを探して転職すると、最初は「前職より条件が良い!」と思って勤めていても、どこかで必ずつまずく部分が出てきます。

そして、そういったつまずき(困難や問題)が発生すると、また「自分はやっぱりこの会社は合わなかった」と思うようになり失敗します。

自分の人生を主体的に生きていれば、人生に目標を作っているので転職先で自分自身の到達目標も持っている(作っている)ものです。

その結果、仕事に対する前向きな姿勢で問題から逃げずに対応し、その溢れ出るエネルギーが魅力になり会社で必要な存在と思われるようになっていきます。

ですので、40代になって「自分はこんな人生を生きるのだ!」という主体性を持っておらず、会社に合わせる転職だけを考えて働いているようなら失敗する率が高いです。

そういう人は転職はやめた方が良いでしょう。

 

40代はセカンドキャリア設計が大切な理由

40代は会社でいうと中堅、ベテランであり、知識経験以上のもの「人間性」が問われます。

僕自身を含め、40代を見ていると、

「とりあえず給料もらって毎日生きていければ良い、家族を食わせていければ良い」という人と、

「自分の人生はこんな人間になることを目指す、こんなことをしている人間になる!」という人

に分かれてきます。

前者は、残念ながら自分の人生を生きていません。惰性で生きているので、目の前の不満だけを見て転職を考えます。

後者は、自分の人生を生きているので、目指すべき目標のために自分で考え、主体的な行動をしますその結果、必要なら自分にとって必要と考える転職を考えます。

転職先でどちらの人材が成功するか、失敗するかは一目瞭然です。

人生100年時代と言われる中、40代はまだ折り返しにもなっていません。

自分のセカンドキャリアをどう作り、どう生きていくか考えてから、転職の道を探さなくては一生自分の人生を惰性で生きてしまうことになるでしょう。