【40代のサラリーマン】考え方と生き方で成否が分かれる人生

40代で独立・起業したないこさんです。

40代は、これからどんな人生を送るべきなのか、送りたいか、セカンドキャリアを真剣に考える時がきています。

今までやってきたサラリーマンとしての常識や働き方が大きく変化している中、40代はどんな考えと生き方を持つべきなのか。

はっきり言えることは、何も考えず会社に依存して給料を貰い続けて定年まで迎えようと考えている人は、これからかなり危険な人生ゾーンに入っているということです。

この記事を読んでほしい人

✔ 40代サラリーマン、この先を真剣に考えていない会社依存の人

✔ まもなく40代に入り、働き方や人生を見直そうと考えている30代サラリーマン

✔ 今の生き方、人生を変えたいが、行動まで移していない人

【40代のサラリーマン】考え方と生き方で成否が分かれる人生

40代サラリーマンは、自分が会社で重宝されるポジションか、この先望みが薄いポジションか、はっきり見えてくる年代です。

僕は、40代までサラリーマンをやっていてつくづく思ったのが、

「日本の会社組織というのは個人の力量よりも会社トップに気に入られることが重要になる」

ということでした。

つまり、会社で重宝されるポジション=実力のある人材というわけでもなく、実力があってもなくても上に気に入られなければ会社で保証される上のポジションには就けないということです。

もちろん完全成果主義や経営者(幹部)のマインドレベルが高い会社もあるので、すべて当てはまるわけではないですが、日本の会社の大部分はこれに当てはまってるのではないでしょうか。

 

ダメな会社をダメと罵って終わる40代の考え方

多くの40代は、「あの人は上に対して上手だよね~」とか、「何てバカな経営者なんだ!」と嘆いたり愚痴ったりしながら働いている人が大半でしょう。

僕が40代で独立する時にそう言う人達を見て思ったのが、「それを言ってて人生何か変わる?」です。

そういう不満分子の考え方になってしまった40代がこの先10年、20年と会社勤めをしていった先に明るい未来は100%ないのです。

 

セカンドキャリアは自分の人生をどう生きるか

僕が知っている範囲ですが、40代サラリーマンでセカンドキャリアを考えて何かしらの行動を起こそうとしている(計画を立てて動いている)人にお目にかかったことがないです。

概ねそういう人たちはこの3パターンです。

1.現状で満足している

2.安定重視で現状維持優先

3.何も考えず漠然と生きている

独立すると思うのですが、会社という組織で働くと、会社に生かされて自分の人生を生きていない(考えていない)人が実に多いということです。

 

40代サラリーマンの明るいセカンドキャリアの考え方と生き方とは?

10年後、今の会社が潰れる、自分がリストラされる、あるいは辞めざるを得ない状況になった時、自分がしっかり次の計画を持っているか、死ぬまでにやりたい(なってみたい)目標があるかがとても重要です。

まず自分の人生に主体的指針を持って、これからどんな自己実現をしたいのか考えることが重要なポイントになるでしょう。

 

40代から50代になった先の成否の分かれ目

何を持って成功か失敗かは、個人の価値観によって違うので定義づけることはできません。

ただ、現状よりももっと悪い状況になっていたら、それは「否」であることは間違いないでしょう。

昔の経済成長~停滞時期だったころから今の景気後退の激動の時代ではこの先10年も現状のままで生きていけるという考えは捨てるべきでしょう。

これからの時代に何も考えずに日々生きていく40代であれば、おそらく「否」の人生を歩むでしょう。

そうならないためにもサラリーマンである今にどんなキャリアを作りたいのか自分のキャンパスに描き始めるアクションを始めてみましょう。